ホウレン草で肥満と糖尿病が改善?野菜に含まれる抗酸化物質

野菜には抗酸化物質が含まれており、身体を守る
野菜や果物にはビタミンやミネラル等の栄養分、食物繊維が多く含まれるが、抗酸化物質も同様に多く含まれている。抗酸化物質の影響について、世界でも注目を集めている。
食品から吸収した栄養分を分解して活力を獲得するのに、呼吸で酸素を取り入れることが必要だが、その酸素の数%は活性酸素に変わる。活性酸素は身体をばい菌やウイルスから保護するために大切な責務を成し遂げるが、近ごろのリサーチで老化や癌、糖尿病などの主因となる事も判明しました。

身体には活性酸素を除去する酵素が存在するが、加齢とともにその役割りは弱まってしまう。かつ活性酸素は呼吸だけでなく、多く飲酒してしまったり喫煙、日光からくる紫外線など色取り取りな素因で出現する。

日光を浴びて成長する野菜と果物には、この活性酸素を取り除く抗酸化物質が豊富に含まれています。抗酸化物質の大抵は、草木が紫外線や害虫から身を保護するために生み出す物質で、色やにおい、アクの素になる。

抗酸化物質は多量に摂取するだけ好ましいという訳ではなく、食品からバランスよく摂取するのが重要だ。そのため、きまった抗酸化物質を、サプリから豊潤に摂取するのはよろしくない。

さらに、ファストフードでは、こうした栄養分を摂取しずらい。「野菜を毎日食するのが重要です」と、研究科は警告を喚起する。

ホウレン草のチラコイドが食欲を抑える肥満措置に効果が
ホウレン草に含まれる天然の成分が食べ物の消化や吸収を遅れせ、食欲を阻む影響があると、スウェーデンの科学家が見付け出した。この成分の解明が進むと、肥満の阻止に機能する可能性がある。
ルンド大学のシャロッテ・アーランソン-アルバートソン氏は、食欲を阻む効果的なセラピーの研究をしていて、「チラコイド」の影響に着目した。

チラコイドは、ホウレン草などの葉物野菜の葉緑体に存在する膜状の物質。積み重なり構造をつくり、葉緑素など光合成に必須な成分を含んでいる。

同氏はまた、チラコイドが腸での脂肪の消化・吸収を遅らせ、食欲を増すホルモンの分泌を制することを究明した。

満腹を感じ取る中で、血糖やインシュリン以外にも色々なホルモンが関わっている。脂肪細胞から分泌されるホルモンであるレプチンは、脳の視床下部に利いて満腹感を体感させ、摂食を控え、体重を公正に維持するとされる。

実験チームの15人に、チラコイドを含んだ注射剤を投与した際、日中に食欲を防げるようになり、食べ過ぎが削減した。1日3回の御飯で充実可能になり、間食の回数も減少した結果が得られたという。チラコイドを投与した患者は、レプチンの分泌も向上した。

しかし、チラコイドはホウレン草をつぶしてろ過し、遠心機にかけることにより、抽出が可能になった。普通にホウレン草を食べるだけでは、吸収可能なチラコイドは限られる。

「ホウレン草には他にも、ビタミンA、E、K、ベータカロテン、抗酸化物質、ルテイン、セレブロシド、タンパク質等、身体に良質な栄養素が多数含まれています。毎日摂り入れる事をお勧めします」と、同氏は回答している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする