無茶なく食欲統制!人気のやせ成分がチラコイド

食事制限完遂のためには、統制しづらい食欲と上手く交際する事が大切。経口摂取して食欲を無茶なく抑制できるという植物由来の素材が今注目されてます。その名前はチラコイド。
チラコイドの食事制限成果について、ぽっちゃり外来の専門医の先生は。

ホウレン草などに多く含まれるチラコイド、驚異のやせ作用とは?
おいしい物をついつい食べ過ぎて、悔しがることがアップする季節です。食欲を押さえられないのがもとで、食事制限が上手にいかない…。。そんな人間をパワフルにサポートする素材をご存じでしょうか。その救い主はチラコイド。

「チラコイドは、植物の葉緑素内に含まれる組織体で、ホウレン草などから抽出可能な成分。スウェーデン王国にあるルンド大学で食欲コントロールの学習をしているシャーロット・アーランソン・アルバートソンプロフェッサーが、その作用を見いだしました。無茶なく食事制限したい人間にはピッタリの材料です」(先生)

それでは、チラコイドの具体的な食事制限効果とはなんでしょうか?

「大きく引分けて3つの利きがあります。満腹ホルモンを分泌し食欲を統制すること、血糖値のアップをゆるやかにし、脂肪のため込みを中止すること、不必要な糖質への欲をセーブすることの3つです。3つともテストにより、その利きが裏付けされています」

長時間の満腹ホルモン分泌で腹一杯感が持続
結局一番気になるのは食欲の統制。食欲を抑制可能なのは、チラコイドが満腹感を支配する満腹ホルモンを長時間分泌させることが可能だから。

「チラコイドはお腹の中で併せてとった脂質を包み込み、消化吸着を遅らせます。腸で脂質が吸着されると、満腹ホルモンが分泌され、満腹感を体感して、食欲が自然にコントロールされます。チラコイドを摂取することで、脂質の消化がのんびりとなり、長時間にわたって満腹ホルモンが分泌されるため、普通よりも満腹感が継続するのです。満腹ホルモンであるレプチンはチラコイドをとると、1.5倍一杯に分泌されたという試験成果が出ています」

他にも脂肪のため込みを守るなど、やせ効力も見逃せません。

「チラコイドは血糖値の上昇をゆるやかにします。その結果、脂肪のため込みを焚き附けるホルモンであるインスリンの分泌量が減退、過剰な脂肪組織が体に累積しにくくなります。かつ、血糖値のおっきい変更が減ずるため、必要以上に糖質をとろうとする欲も減ずることがわかっています」

効能的な経口摂取時期は朝・昼食前
食欲をコントロールしたり脂肪のため込みを防いだりと、やせたい人間にとっては、喜ばしい成分ですが、効果的にとる瞬間があるんだとか。

「試験成果からチラコイドの利きは6時間ほどキープするとされています。ですから、朝食前や昼食前に飲むと、次の御飯までに無用な軽食をしてしまうような空き腹感に悩まされることがなくなります。かつ、緊迫状態過多の時、胃が空いてないのに何か食べたくなる、いわゆるニセの食欲がわく出来事がありますが、そういったことからも静めるのです。暴飲暴食した事をなかった事にしてしまう素材ではありませんが、食べ過ぎてしまいそうな料理の前にとるなどの発送をしながら、器用に食事制限にいかしましょう」

すぐにでもチラコイドをとりたい人間も少なくないはず。ホウレン草は、より多量のチラコイドが含まれていますが、無念ながら、ホウレン草を沢山食べたところで食欲をかみ殺す作用は望めないそう。ホウレン草の葉から特別な道のりを経てチラコイドだけを抽出した時に初めて食欲コントロールの作用が得られます。抽出されたチラコイドのサプリメントなどを利用することで食欲と巧妙につき合いながら、健康的に食べてやせる人生を送ってみては?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする