食欲を抑えつけるやり方・ほうれん草がジャンクフード抑制に作用

ホウレン草がジャンクフードへの願望を切り取る
スナックを食べる回数が高く、ジャンクフードを食べ続けると、太るだけでなく、栄養釣り合いのよろしい健康的な料理をとる思いもロスする。
スナックがよろしくない事をわかっていても、結構やめられないという人間は数多い。そんな人間に朗報だ。

ホウレン草に含まれる天然素材が食べ物の消化・吸収を遅rせて、食欲を抑える作用があることを、スウェーデン王国のサイエンス者が発見した。この成分の発見が進めば、肥満の阻止や食事療法に助ける可能性がある。

「チラコイド」は、ホウレンソウなどの葉野菜葉緑体にある膜状の物質。積み重なり組織をつくり、葉緑素など光合成に必須な成分を含んでいる。

スウェーデン王国のルンド大学のシャーロットエルランソン-アルバートソン教諭(料理行動学)は、食欲を抑える効果的な治療の研究をしており、チラコイドの作用に着目した。

同教諭は、ホウレン草のチラコイドが腸での消化・吸収を遅らせて、空き腹感をやわらげる効果がある事を発見した。

「喜び餓え」との戦いに乗りきる手段
高カロリーの菓子など甘いジャンクフードや、ファストフードを食うのをやめられない出来心は、「喜び餓え」と呼ばれている。
身体の内には、腹一杯になると食欲に歯止めをかける機械があるが、高カロリーのジャンクフードを食べ保つと、このメカニズムが活動しにくくなると意見がある。

チラコイドは、小腸から分泌される「GLP-1」というホルモンの分泌を興奮する。GLP-1はお腹の中身の排泄を遅らせる働きがある。GLP-1が分泌されると、食欲を統制している脳の中枢神経に信号が伝わりやすくなり、食欲が抑えられるという。

38人のぽっちゃりの女性を対象に3ヵ月間行った試験では、ホウレン草の抽出物で作った清涼飲料を朝御飯の30分に経口摂取する事で、「喜び餓え」の気付きが95%低減し、ダイエットの成功率が43%向上した事が明らかになった。

チラコイドを飲んだ女性は、平均して5kgの減量に成功し、1日3回の料理を順守する事が簡単になり、食間に食欲を憶える事がなくなった。

「最近の加工食品は手早く食べる事ができて、脳に腹一杯を伝える信号が送られのが追いつかないほど素早く消化吸収されてしまいます。チラコイドはこの消化吸収の過程を遅らせるので、満腹になったというシグナルが伝わりやすくなり、喜び餓えが制御されます」と、エルランソン-アルバートソン教諭は解説しています。

ジャンクフードをずっと食べていると料理の平衡感覚が消失してしまう
甘いスナックなど不入用な食事を食べていると、喜び餓えの効能は強くなってしまう。ジャンクフードの過分な経口摂取が、いかにして行為変容を起こし、精神力を弱め、食いすぎや肥満を巻きおこすかを確かめた試験も実施されています。
オーストラリアのニューサウスウェールズユニバーシチーのリサーチ者は、鼠にエサを食わす時に、ある音を聴かせる試験を行った。今や鼠は、音を聴くと食欲を現わすようになった。

健康的なエサを食べる鼠と、高カロリーのエサを与える鼠に分け比べた。高カロリーのエサは、パイ、果物が入った焼き団子、ビスケット、洋菓子などのジャンクフードを含んでいて、カロリーは150%増分にした。

リサーチ班は2週後に、鼠に砂糖水を満足するまで摂取させるようにした。その果、健康的な食事を食べ続けた鼠は、特定の分量を経口摂取すると、音を聴いても砂糖水を過剰に飲みむことがなかった。喰過ぎから身を守り、健康的で均衡の良い食物を選び出す本能的なシステムが影響したとみられる。

他方、ジャンクフードを食べ続けた鼠は、音を聴いている間いつまでも食べ続けるようになり、ジャンクフードに対する依存性が示された。この変動は、鼠が健康的な食生活に戻ったその後もしばらく継続した。

「脳には食欲が満たされた時に活性化dstrつ報酬回路と呼ばれるものがあり、ジャンクフードを食べ続けると、この報酬回路に継続的な間違いが発生します」と、リサーチ者は解説している。脳の報酬回路は一通の哺乳動物で酷似しているので、人間の喜び餓えを解明かす鍵になるといいます。

「例えると、ランチのデサールにソフトを食べたのに、ソフトクリーム売りの車のサインを聴くと、また欲するようなものです。世界的にぽっちゃりは急上昇していて、食欲を統制する手法の開発が日々進めらられています」と指摘している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする