食欲を抑える野菜ホウレン草チラコイドが米国でサプリとして必須に

現在米国で発売された食欲を食い止めるというサプリ、その素材が手近にある野菜にも多く含まれているそうです。それがホウレン草なんです。ホウレン草に含まれるチラコイドという成分が食欲を制する役割りがあるとスウェーデン王国で証明されたという。テレビ番組の「あのニュースで得する人損する人」では食欲を制するホウレン草やリバウンド経験者が陥りがちな罠も紹介。

ホウレン草に食欲を制する成分チラコイド
食欲を食い止めるとっておきの成分見い出したのが2014年3月スウェーデン王国で証明された。その成分はホウレン草に含まれているものです。その成分はチラコイドというもので、食欲を食い止める役割りが。米国ではこのチラコイドという成分をつかったサプリが手頃に利用されているのでした。

ドカ食いの原因であるレプチンの削減
ダイエット中に誰にでもやってくる過分の食欲。そこは普段よりも激しく思うケースが数多いという。せっかく痩せてもその過度の食欲のせいでダイエット開始前よりも太ってしまうことも少なくないのです。この食欲には医学的な理くつがあるといいます。

それは食事制限中は脳の満腹中枢を興奮するレプチンというホルモンの分泌量が減ります。このレプチンは体重が減るととに低減していくので、満腹中枢が興奮されないように胃袋が空くという。

リバウンド経験者が落ち入る罠
蛇足にもリバウンドをよく行うという人が陥りがちな点が引き合いにされていました。それが低体温とサルコペニア肥満です。

リバウンドを繰り返すと低体温
6人の肥満に悩む女性の共通点をあぶり出すと、内臓脂肪組織が数多いというのはもちろんながら平熱が35.4度と低血温の人が多かったという。低体温とは朝起きた時の体温が36度未満の状態である事です。

リバウンドで低体温になる原因は、リバウンドの折に増え続けた内臓脂肪のせいだと思われているという。たった1度でも体に恐ろしい変化をもたらすということでした。というのは体温は1度下がるだけで免疫力は30%も減じるといわれているためです。

早足してもサルコペニア肥満に直結
失敗を反復すると痩せにくくなる理くつは、料理だけでダイエットするとまったく筋肉が落ちて、結果的に太りやすくなってしまうのでした。

結局は食事制限で体重とともに筋肉量が減少し、基礎代謝が縮小します、その果脂肪を燃やす活力が弱々しくなってしまいます。そのため太りやすく痩せにくいという身になってしまうという事でした。

さらに腕力が減じるとサルコペニア肥満に陥る可能性もあると。この肥満になってしまうと転倒骨折をしやすくなって寝たきりになる事も珍しくないという事でした。40歳以上の10人に1人はサルコペニア肥満だとも言われます。

ジョギングやウォーキングといったエキササイズをしてもサルコペニア肥満になってしまう事が存在するといいます。エキスパートの医師によると、これらのエキササイズは脂肪を燃焼させるのには効果的ではありますが、筋肉をアップする事にはほぼ利きがないという事でした。筋肉を増すには筋トレも同時にしないと意味がないという事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする