チラコイドの減食作用がすごい!

スウェーデン王国・ルンド大学で食欲
抑制のリサーチを専門にして居る
シャーロットプロフェッサーによって見い出された、
ホウレン草に含まれるチラコイドと
いわれる素材には、充満を感覚させる効能が
あります。

チラコイドには、大きく二つの役割りがあります。

①満腹ホルモンではあるレプチンが
分泌されて、空き腹感をとり静める。

チラコイドの経口摂取によって新陳代謝が十分になり、
脂肪を燃焼しやすい体質にもなり、
ダイエットの緊迫状態もなく実効的に
痩せられます。

②血糖値の高まりを抑えつける。

食事制限には、血糖値の増加を守れて、
インシュリンの分泌をさせないように
するのがポイントなです。

インシュリンは、各細胞組織に糖分を
エナジーとしてため込むのですが、
余った糖分は、脂肪セルとして
蓄積されてしまいます。

ですので、インシュリンは、
「肥満ホルモン」とも呼ばれています。

この肥大ホルモンであるインシュリンの
分泌液を抑えつけるのが、チラコイドです。

チラコイドは、食べ物の消化収着を
制限する活動があるので、血糖値の
アップを守り、脂肪組織をため込まない、
太りにくい体質になっていくのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする